ストレス警報発令中

HOME >>  ストレス > 人生はストレスとの闘い

人生はストレスとの闘い

これまでの人生を振り返ってみて思ったことは、私は子供の頃からストレスと付き合ってきたんだなぁ、と思いました。子供時代でもストレスがあるなんて、と思われそうですが、小学生の時にちょっといじめに遭ったりしましたし。それが原因でプチ登校拒否にもなりました。でも当時の担任が迅速に対処してくれたので、すぐに復帰でき無事に卒業できました。中学、高校、短大と進みましたが、子供と言えども、集団生活でしかも女子同士ということもあって、色々葛藤したり悩んだりしました。

私が思うには、ストレスって勉強とか仕事自体に対して起こるけども、人間関係のストレスの方が強いと実感しました。結局は人と上手く意思疎通が出来なかったり、お互いに誤解したり、性格が合わなかったり、と人付き合いって結構疲れるなぁ、と思うことの方が多すぎたからです。そんなことが多かったので、既に学生の頃から人間不信気味になり、人間嫌いに陥ってしまいました(笑)。

そしてそのまま社会人になってからも悩みは尽きません。会社は学生時代以上に人間関係で煩わしいと思うことばかりでしたね。会社で働く宿命だと思いますけど、結局、人間関係に疲れ、そのストレスから体調を壊してしまい退職に追いやられたケースが多いです。

本当に今までの職場は円満退職って殆ど無いです。私にも原因があるのかもしれませんが、それでも人間的にどうなんだ?っていう酷い先輩や上司と出会ってしまったので、私の精神状態は崩壊しかけていました。いつもストレスに負けて退職している自分に腹立たしさや悔しさを感じていますが、体調を壊して、自分がどんどん壊れていきそうだと思ったのでまた辞めました。いつも負けてばかりと惨めにも感じますが、自分を大切にしないと何も出来ないと言い聞かせました。ストレスとは切っても切れない存在だと思いますが、上手く乗り越えていくのが私の課題だと思っています。